当帰養血精を飲み続ける理由《1年3ヶ月》

ブログにすっかり記録を書かなかったものの、当帰養血精は相変わらず飲み続けています。

2015年8月で当帰養血精を飲み続けて1年3ヶ月です。

当帰養血精を飲んでいる一番の目的は、生理痛改善・妊娠のため

漢方の当帰養血精を飲む一番の目的は、生理痛を改善したい、結婚6年目にてまだ子供ができない不妊を克服するため、妊娠をするためです。

でも、実は当帰養血精を飲み続ける隠れた理由があります。それが『やる気がでる』こと。これは、飲み続けて初めて気づいたことなのですが、当帰養血精を切らして飲まないでいた時期がありました。

そうしたら、なんだかだるい。家事も面倒で、やる気がでないんです、、、。

最近なんか変わったことあったけなぁ〜、、、、。

あっ当帰養血精!飲んでない!

当帰養血精は、漢方でいう『血』を補ってくれます。かっかしている人を血が多いというように、血が巡っているというのはそれだけ活発になっているということです。

逆に言えば、血が足りないと、生気がなくやる気がでない、活力でない状態になります。『血』が足りない、『血』が充分巡っていないと身体が思うように動いてくれません。

生理痛、妊娠のためもありますが、『身体のめぐりをよくして、活発に動かすため』に飲んでいる部分も大きいです。

妊娠をもう一度本気で取り組みます

正直、結婚6年目になってくると、不妊の長期化。。。

毎月、妊娠のために夫婦で努力できていない部分も大きいです。

でもこれではだめだね、本気で子供つくらないと、と夫婦で話して短期決戦で妊娠にもう一度望むことにしました。

そのためにも当帰養血精をまだまだ飲み続けていきます。

当帰養血精を飲み始めたきっかけは、漢方の知識をもつ鍼灸師の知人から勧められたことがきっかけなので、漢方薬局には出向いていません。

そろそろ、実際に漢方薬局に行くべきかなと思ってもいますし、このまま不妊で妊娠できないなら違う方法を考えないといけないなと思っています。

こうも妊娠しないと、妊娠した方のニュースなどを目にするとが『まるですぐに妊娠した』かのような錯覚さえ受けますね。自分と何が違うのか、教えてほしいものです。。。

婦宝当帰膠と当帰養血精の販売店情報

婦宝当帰膠は残念ながらインターネットで販売していません。以前は、婦宝当帰膠は通販で購入できたのですが、大分前に通販をやめてしまいました。

婦宝当帰膠イスクラ
正式商品名『イスクラ婦宝当帰膠』は、イスクラ産業株式会社(こちら)が製造販売元で、会社側で婦宝当帰膠を通信販売しないと決定しているので、通販では全く流通していません。

▼当帰養血精の販売店

当帰養血精は、八つ目製薬が製造元です。婦宝当帰膠と異なり、購入は通販で可能です。現在の定価は5,400円で定価販売が基本です。

当帰養血精取扱い おすすめ販売店一覧
当帰養血精販売店 おすすめ販売店
Amazon 1本から送料無料の販売店
楽天市場 土日祝も発送を行なっている漢方薬局
楽天市場 1本から送料無料の販売店

漢方薬局の通販では、2本から送料無料がほとんどなのですが、医薬品ということもあり出来るだけ漢方薬局で購入してます。