婦宝当帰膠・当帰養血精の飲み方

生理痛・不妊・更年期・冷え症等の婦人系疾患に効用があると言われる当帰養血精と婦宝当帰膠。

当初は、婦宝当帰膠・当帰養血精を生理痛軽減の目的で飲み始めましたが、不妊にも良いということが判明し、これは『飲み続ける価値があるかも』と思いました。

婦宝当帰膠は通販で購入できなくなったので、当帰養血精(とうきようけっせい)を通販で買って飲んでいます。

当帰養血精は、婦宝当帰膠と全く同じ生薬が使われています。[女性の漢方]婦宝当帰膠と当帰養血精の違いは何?

[女性の漢方]婦宝当帰膠と当帰養血精の違いは何?

その当帰養血精の飲み方について、書いたのが今回の記事です。

◆当帰養血精の飲み方

 

婦人の宝 当帰養血精
当帰養血精 楽天市場 最安値

1回あたりに飲む量:4ml、1回の飲む量4ml分が計れる目盛付き計量スプーンが入っているの
1日に飲む回数:朝・夕の1日2回
飲むタイミング:吸収のよい食前・食間に が基本。ただし、胃腸が弱い場合には、食後の飲むと良い
飲み方:このまま飲んでも、薄めて飲んでもいい

 

私は、吸収の良い、朝食前、寝る前に飲んでいます。

薄めないで、そのまま計量スプーンから飲んでしまいます。当帰養血精は、黒蜜みたいな味で甘く、不味くはないのですが、美味しい訳でもないので、”くっ”と一気に薄めずに飲んでいます。

◆当帰養血精の効果の表れ方・継続期間

漢方による体質改善は、数ヶ月をかけて少しずつ身体の中から変わっていくものです。

そのため、当帰養血精も少なくとも3ヶ月から半年続けて飲んでいくことが大事になってきます。

効果が出てからといってすぐに辞めてしまえば、逆戻りをしてしまうこともあります。根本から変えるのは、そんなに簡単なことでもなく、また人には元々持っている体質がありますので、漢方で補っていることで好調を保てる場合もあるのです。

◆当帰養血精の効果は案外早く感じます

漢方の大前提は、長期間続けること。なのですが、当帰養血精の効果は割と早く実感する事ができています。

血や気の巡りが滞っている事で起こる頭痛の場合は、当帰養血精を飲むと30分〜1時間で少しずつ楽になるのが分かります。

今は毎日飲んでいますが、以前は、生理痛の前後だけ飲んでいました。

それでも生理痛の時に欠かさず飲んでいた痛み止めが必要なくなって、生理痛の症状である頭痛・吐き気・腹痛がずいぶん楽になりました。ただ、体質改善をしていくなら、やはり毎日飲む。これが大事な様です。

婦宝当帰膠の飲み方も当帰養血精と基本は同じです。婦宝当帰膠はもう通販では一切購入できないため、漢方薬局の指示に従いましょう。

 

婦宝当帰膠と当帰養血精の販売店情報

婦宝当帰膠は残念ながらインターネットで販売していません。以前は、婦宝当帰膠は通販で購入できたのですが、大分前に通販をやめてしまいました。

婦宝当帰膠イスクラ
正式商品名『イスクラ婦宝当帰膠』は、イスクラ産業株式会社(こちら)が製造販売元で、会社側で婦宝当帰膠を通信販売しないと決定しているので、通販では全く流通していません。

▼当帰養血精の販売店

当帰養血精は、八つ目製薬が製造元です。婦宝当帰膠と異なり、購入は通販で可能です。現在の定価は5,400円で定価販売が基本です。

当帰養血精取扱い おすすめ販売店一覧
当帰養血精販売店 おすすめ販売店
Amazon 1本から送料無料の販売店
楽天市場 土日祝も発送を行なっている漢方薬局
楽天市場 1本から送料無料の販売店

漢方薬局の通販では、2本から送料無料がほとんどなのですが、医薬品ということもあり出来るだけ漢方薬局で購入してます。