不妊検査〜通水検査を受けました。その時の様子[陣内ウィメンズクリニックの通院記録]

不妊検査〜通水検査を受けました。その時の様子[陣内ウィメンズクリニックの通院記録]

通水検査は、生理周期の7日~10日目の間に受けなくてはいけないこともあり、陣内ウィメンズクリニックに通うのは1ヶ月ぶりとなりました。

通水検査の前に、内診があるときの服装の話。

内診台にあがることを考えるとワンピースが便利だと思い、この日はカジュアルスウェットワンピースを着ていきました。

こういう洋服です。

 

下半身裸になって内診台まであがる、あの微妙な時間と距離が少し恥ずかしくもあり・・・そばにバスタオルが置いてあるのでそれを巻けばいいんですが、内診台にあがるとすぐにとってしまうので、バスタオルを巻くのもなんかなぁと前回思ったところでした。

ワンピースを着ていけば、下半身裸になっても隠れるし、必要なときにはすぐにまくれるので、なんだか安心した気分でした。

AD

 

そして、通水検査へ。

陣内ウィメンズクリニックでの通水検査の様子
陣内ウィメンズクリニックで受付を済ませたのち、今回は診察室ではなく直接内診室へ呼ばれました。内診台へあがるとしばらくして陣内先生が来ました。

陣内先生『○○さん、こんにちは~、緊張している?』
『緊張・・・してないです』
陣内先生『ほんと?』
『うーん、ちょっとしてるかも?』

 

緊張、してたかな(汗)

どうやら陣内先生には伝わっていたようですね〜。

話しながら、通水検査がはじまります。通水検査の仕組みは説明を受けて聞いていましたが、痛みなどについてはきっと平気だろうと楽観視していたのですが・・・

でも、すぐに、先生がなぜ緊張してる?と聞いたか分かりました。

陣内先生『子宮の中にバルーンを固定して、そこから生理食塩水をいれていきますからね~』

 

といいながら、通水検査が早速始まったのですが、

(うっ・・・・痛い。痛い・・・!)

予想外の痛さにびっくり。

何が痛かったかっていうと、子宮口を広げる器具です。

バルーンのチューブを最初にいれるために、子宮の入口を広げるのですが、これがかなり痛い!!

 

軽い生理痛くらいの痛さって聞いたけど、それは検査後の話のようです。検査時は、痛い。

AD

 

陣内先生『もう少し広げていきますね~。痛くないですか~?』
『い・・・いたいです・・・』
陣内先生『我慢できますか~』
『はい、できます・・・』

 

お腹にバルーンが入っているので、腸が圧迫されて何か変な感じです。

 

陣内先生『これから子宮に生理食塩水を入れていきますよ~。痛くないですかぁ~』

『・・・痛くないです』

(映像を見ながら)

陣内先生『黒くなっている部分が子宮ですよ~。わかりますか~。小さいポリープがあるね~、あとで説明するね~』

『はい』(・・・ポリープ?)

子宮を広げる器具を取って、生理食塩水を流す段階になると痛みもひと段落。

ここで卵管につまりがあると、痛みや逆流が起こるようなので、痛みがないか陣内先生から確認がありました。食塩水を流しているときは、違和感がある程度で無事に終了。

ほっとしました。

それにしても痛かった。それにポリープがあるって気になるなぁ。

看護士『今日、ナプキンお持ちですか?』
『持ってないです』
看護士『(ナプキンを渡されながら)これ、あてといてくださいね~』

少しだけ血がでることがあるようです。私は当日少し血がでました。通水検査のあとは、待合室で暫く休憩です・・・


この記事を読んだ人に読まれています