カフェインが妊婦・胎児に与える影響

こんな調査を見つけました『カフェインが妊婦・胎児に与える影響』

妊娠の継続に悪影響の可能性が高いカフェイン。

調査は、コーヒーや紅茶などのカフェインを含むものを全く摂取しない人と、大量に摂取している人との比較によって出されたものです。

2003年はじめにデンマークの大学での研究結果がイギリスの医療雑誌に発表されたのを期に新聞などで報道されて、カフェインの胎児への影響が認知されるようになりました。

カフェインの胎児への影響は?

カフェインを摂取すると、胎盤を通じてママと同じカフェイン濃度でお腹の赤ちゃんに与えられます。

身体も小さい赤ちゃんには大変な量のカフェインであり、またまだ内臓が充分にできていない赤ちゃんにはカフェインを体内で分解して排出できません。

カフェインは大量摂取すると、不眠や興奮、おちつきがないなどの副作用があります。

また、胎盤の血流を減少させるとも言われています。

妊婦の時にカフェインを摂取していると生まれた赤ちゃんへの影響はあるの?

妊娠中にカフェインの摂取を継続して行うと生まれた子供が落ち着きがない、低体重になる可能性が指摘されています。しかしながら、症例やカフェインとの因果関係は未だはっきりはしていません。

妊娠中のカフェインの影響の調査なので、妊娠前に飲んでいたかどうかはこの調査には含まれていません。また、どの時期に飲んでいたかということも細かいことは書かれておらず、妊娠期間を通じてカフェインを摂取していた。というのが調査の前提です。

確かに、自分自身でもカフェインを飲むと胃の調子が悪くなったり、気持ちのアップダウンが激しいような気がします。 赤ちゃんは身体が小さいですから、濃縮されると考えればカフェインの影響は大きそうですよね。

農林水産省のホームページでも『カフェイン過剰摂取』『世界保健機関(WHO)からの妊婦へのカフェイン摂取』に関する注意喚起が掲載されています。

世界保健機関(WHO)からの妊婦へのカフェイン摂取に関する注意喚起は、絶対にだめというものではなく、一定量までに抑えるべきというものです。

以下農林水産省のホームページから抜粋

カフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、お茶、ココア、コーラタイプの飲料は同じくらいの量のカフェインを含んでおり、またコーヒーはその約2倍のカフェインを含んでいることから、妊婦に対し、コーヒーを、1日3~4カップまでにすることを呼びかけています。

私はコーヒーが大好きですが、今はノンカフェインのコーヒーか、ルイボスティー、たんぽぽコーヒーを飲むようにしています。

現在飲んでいるオーガニックルイボスティー


この記事を読んだ人に読まれています