布ナプキンの3タイプの違い〜使いやすい点使いにくい点

布ナプキンの3タイプの違い〜使いやすい点使いにくい点

 

布ナプキンは形によって使い方が少し異なります。ショーツの後ろ側で止められるボタンが付いている布ナプキンボタンがついていない布ナプキンに分けられます。

ボタンが付いていない布ナプキンというと・・・そうですいってしまえば「ただの布」です!もちろん布ナプキン用に販売されているものは吸収がよい素材を使っていたり、肌触りを考えたりとナプキン用に使い心地がよいものになっています。

まず、ボタンがついていない布ナプキンの使い方を確認しておきましょう。

スナップボタンがついていない布ナプキンの使い方

スクエア型の布ナプキンを三つ折にします。これを、ショーツの上にのせるだけです。

使いやすい点
  • 他の布ナプキンに重ねて使うことで、吸収力が倍近くに!
  • 三つ折以外にも、色々な形で使うことが可能

例えば・・・くるくると丸めて布ナプキンの上に置くだけで横モレ防止
ナイト用と一緒に使って、つたってモレるのを防止。長さのプラスに使うことで、動きの多い日、ナイト用にもなります。

使いにくい点
  • ショーツにのせるだけなので、お手洗いのときに落としやすい
  • ショーツからずれやすい

一枚でもあると便利なのが、スナップなしタイプの布ナプキンです。次に、ボタンが付いているタイプの布ナプキンの使い方です。

AD
スナップボタンがついている布ナプキンの使い方

ホルダーとパット一体型の布ナプキン

基本の使い方は、ボタンが付いていないタイプの三つ折布ナプキンと同じです。

使いやすい点
  • 3つ折にしているので、吸収力が2倍で漏れにくい。
  • 重ねる面を変えることで2度使用可能。
  • 交換の手間が省ける
使いにくい点
  • 持ち運びに他のタイプより多少かさばりやすい。

管理人はホルダー一体型で3つ折タイプを基本的には使用しています。量が多い日でも安心して使えます。

また、生理の始まりと終わりの少ない時期には面を変えて使用すれば、携帯する布ナプキンの少なく済み、お手洗いで手間どることも少なくなります。仕事のときなど、毎回布ナプキンを携帯できないこともあるので、面を変えればいいというのは本当に楽です!

AD

他には、ホルダーとパットが別々のタイプの布ナプキンもあります。

ホルダーとパットが別々のタイプの布ナプキン

上の二つは単体で使える布ナプキンでしたが、こちらは布ナプキンがホルダーとパットに分かれているタイプです。

布ナプキン・ホルダー

使いやすい点

・交換パッドだけ持ち運べば良いので、他のタイプよりかさばりにくい。
・パッドだけでももちろん使用可能。

使いにくい点

・洗濯をして、ホルダーとパットのサイズが合わなくなることがある。
・ホルダーとパットの間に隙間が出来るとフィット感があまり感じられない。

ホルダータイプも使っていましたが、洗濯するとパットとホルダーのサイズが合わなくなってよれやすくなってしまいました。ズレが気になり一体型のほうが安心でき流ので主に一体型を使用しています。


可愛い布ナプキンはサニーデイズ

 


この記事を読んだ人に読まれています