痛み止めを飲まずに済んだ生理痛【当帰養血精の服用記録】3ヶ月目 ( 12週目 )

2014年 5月19日(月) 当帰養血精の効果【生理痛・不妊克服の経過記録】 〜3ヶ月目:12週目

当帰養血精を飲み始めてから3ヶ月が経過。
月経も3回終了。

今回の月経では、生理痛が以前と比較して軽くなった。
月経前症候群PMSの症状が軽めだったので、生理痛も軽いのでは?と期待していたが、その通りに今までよりも痛みが少なかった。

今までは、特に月経開始の1〜2日目は生理痛が重く出やすく、腹痛や頭痛などの症状が顕著。痛み止めを服用していた。

しかし、今回の月経では痛み止めのロキソニンを服用しないで済んだ!

 

大きな進歩。

全く生理痛がなかったのではなく、腹痛は耐えられる程度だった。頭痛はほとんど感じていない。

前回の月経では経血量がずいぶんと減った。
これは良い変化なのか悪い変化なのか判断ができなかったが、今回の月経も以前と比較して経血量は少なめだった。

今まで、だらっと続いた7日間の生理期間も今回は1日短く6日間となった。
改めて思うのは、痛みを感じないことはどんなに生活が楽か、ということだ。
生理痛って『仕方ない』と半ば諦めているところがあった。

だが、実際のところ、生理期間はイライラ、腹痛、頭痛の症状で身体だる重くて人とコミュニケーション取るのも辛い。

料理、掃除、洗濯、何もやりたくなくなる。

生理期間だけでなく生理の1週間前頃からPMS(月経前症候群)による頭痛やだるさ。

つまり、4週間のうち2週間身体がだるい。

本当はすごくもったいない時間。

当帰養血精を3ヶ月飲み続けた今、生理痛をなくすことを諦めたくないって改めて思った。

 

婦宝当帰膠と当帰養血精の販売店情報

婦宝当帰膠は残念ながらインターネットで販売していません。以前は、婦宝当帰膠は通販で購入できたのですが、大分前に通販をやめてしまいました。

婦宝当帰膠イスクラ
正式商品名『イスクラ婦宝当帰膠』は、イスクラ産業株式会社(こちら)が製造販売元で、会社側で婦宝当帰膠を通信販売しないと決定しているので、通販では全く流通していません。

▼当帰養血精の販売店

当帰養血精は、八つ目製薬が製造元です。婦宝当帰膠と異なり、購入は通販で可能です。現在の定価は5,400円で定価販売が基本です。

当帰養血精取扱い おすすめ販売店一覧
当帰養血精販売店 おすすめ販売店
Amazon 1本から送料無料の販売店
楽天市場 土日祝も発送を行なっている漢方薬局
楽天市場 1本から送料無料の販売店

漢方薬局の通販では、2本から送料無料がほとんどなのですが、医薬品ということもあり出来るだけ漢方薬局で購入してます。