妊娠への男性の競争心

友人や知人の妊娠を知って『あ〜わたしはまだかな・・・正直羨ましい』と思うことはあります。

妊娠できないと悩んでいる人からみると『まだ子供はいいわ』と言っている人ほど早く妊娠しているような錯覚を起こします。嫉妬なんでしょうね。

結婚6年目を迎え、さすがに祖母や祖父からも『子供まだか?』なんて言われる機会が多くなりました。母や父も子供に関してあまり突っ込んだ話はしませんが気にしているようです。

早くと焦れば焦るほどカラ回りして疲れてしまって、、、ただ赤ちゃんができないことへの焦りは男性も一緒なんだなと主人をみていると感じることが多いです。

主人が、親しい男の友人と『今年はどちらが先に子供つくるかだな』と新年明けて早々に話していました。この友人は結婚2年目くらいでそろそろ子供をと思っているそうです。

男同士の”ライバル”という感じなのでしょう。女性は心のなかで思っていても『今年はどちらが先に子供できるか競争ね!』なんて言葉にすることはほとんどないと思いますが、男性も女性も心のなかは大きく変わらないのかもしれないな〜とさえ感じました。

主人の競争心が良い方向に働いてくれると期待して、排卵日検査薬の『レディーキュー』などを活用して地道に頑張るしかないです。


この記事を読んだ人に読まれています