ケルセピットのチェリーストーンピローのまとめ【臭い・サイズ・使い心地】

ケルセピットのチェリーストーンピローのまとめ【臭い・サイズ・使い心地】

チェリーストーンピロー

ケルセピット(kersepitje)

 

ケルセピットのチェリーストーンピロー(チェリーピロー)愛用歴5年の管理人です。2012年頃から使い始めたケルセピットのチェリーストーンピロー(チェリーピロー)。

当時は、チェリーストーンピロー(チェリーピロー)は今より全然知られていなくて、口コミやレビューもほとんどなくって『一体どんなものだろう?』と思って購入したものです。その後、着実に人気を増してきている様子のケルセピットのチェリーストーンピロー(チェリーピロー)。

そんなケルセピットのチェリーストーンピロー愛用者の管理人が、ケルセピットのチェリーストーンピローについてまとめました。あずきのチカラではなくケルセピットのチェリーストーンピローを選んだのか?そこにはきちんとした理由がありました。

AD

まず、ケルセピットのチェリーピロー概要。

ケルセピットのチェリーピローとは

チェリーストーンピローは、肌触りの良いコットン100%のカバーの中にキルシュリキュール(チェリーブランデー)を製造するために使用したチェリーの種がたっぷり入っています。

ケルセピットのチェリーストーンピロー

スイスの蒸留酒製造所では、労働者がこのチェリーの種を袋に入れ、一日の仕事が終わるとストーブの上で温めて体をリフレッシュさせるために使っていたところから、ケルセピットのチェリーピローが出来上がったそう。

ケルセピットのチェリーピローは、電子レンジで温めて「ホットパッド」として、また冷蔵庫で冷やして「クールパッド」として使うことができます。冷蔵庫で冷やさない限り、温度が下がっても体温よりも決して冷たくならないのがチェリーストーンピローの特徴の一つです。

AD

ケルセピットのチェリーストーンピローの購入を考えているときに、あずきのチカラと迷いました。

チェリーストーンピローとあずきのチカラの違いと比較

チェリーピローは、あずきのチカラのチェリー版、ベルギー版といったところ。あずきのチカラも人気商品です。こちら↓

あずきのチカラは高評価。
Amazonベストセラー

あずきのチカラ

ケルセピットのチェリーピローもあずきのチカラも、温熱ピローと呼ばれるジャンルのもので、電子レンジで繰り返し温めて使えるのが共通した特徴です。

繰り返し温めて使えますが、あずきのチカラは使用回数の上限があります。

ケルセピットチェリーピローとあずきのチカラ比較
温熱ピロー 使用回数
あずきのチカラ 250回まで
ケルセピットの
チェリーピロー
上限なし

管理人は、ケルセピットのチェリーピローを優に250回を超えて使用しています。チェリーピローも物なので寿命はありますが、それでも大抵の場合は250回以上は使えるのではないのかなというのが長年使ってきた感想です。

あずきのチカラ は、通算使用回数の上限だけでなく、一度冷めてしまったらすぐに温めることができません。

ケルセピットチェリーピローとあずきのチカラ比較
温熱ピロー 再加熱の制限
あずきのチカラ 使用は1日4回を限度とし、加熱使用後、次の使用まで4時間以上空けること。
ケルセピットの
チェリーピロー
特になし

あずきのチカラ は、1日4回までしか使えません。しかも、一度加熱したら4時間も間隔をあける必要があります。あずきのチカラでは、ピローが冷めてきた頃にもう少し温まりたいな、という希望が叶いません。

あずきのチカラを購入しなかった理由は、使用回数や再加熱の制限があることだけでなくデザインでした。

あずきのチカラ

あずきのチカラ

正直、あずきのチカラって全然可愛くない。オシャレでもない。これが部屋にあったらちょっとなぁと思ってしまうデザイン。

一方でケルセピットのチェリーピローは温熱ピローの中では確実に可愛い方。

あずきのチカラでは機能性は口コミをみれば評価が高いのが一目瞭然。しかしそのデザイン性の無さから購入する気になれず、オシャレでナチュラル素材の繰り返し使える温熱ピローを探していたら、ケルセピットのチェリーピローにたどり着いたというわけです。

かなり色々な温熱アイピロー・ネックピローを探しましたが、機能性・デザインともに満足できそうで購入したいと思えたのはケルセピットのチェリーピローだけでした。

AD

 

そんなケルセピットのチェリーストーンピローのサイズ・種類をチェックしてみましょう。

ケルセピットのチェリーストーンピローのサイズと種類

アイピローサイズがスモールサイズで、首肩にかけられるチェリーピローはロングサイズです。

ケルセピットチェリーピローのサイズ一覧

ケルセピットのチェリーストーンピローサイズ一覧

 チェリーピロー サイズ 特徴・用途
クラシックサイズ
(CLASSIC)
長さ270 × 幅260 × 厚み40mm ほぼ正方形のサイズ。
腰、背中、肩甲骨、お腹など面積が広い部位を一気に温めたいときに。
ロングサイズ
(CERVICO/セルヴィコ)
長さ530 × 幅130 × 厚み35 mm 縦に長いサイズ。首にかけるとちょうど良く 肩、腰などの部位にもあてやすいサイズ。
ジャンボサイズ
(JUMBO)
長さ490 × 幅220 mm  腰、背中、肩甲骨、お腹など面積が広い部位に使う時や、湯たんぽや枕として。
ランボ (ひも付タイプ
(LUMBO)
 ロングサイズと同じ  ロングサイズに紐がついているため、巻きつけて使うことができる。
スモールサイズ
(PICOLO/ピッコロ)
長さ245 × 幅125 × 厚み40 mm 目元やお腹など様々な場所に使いやすいサイズ。
アロマティック
(AROMATICS)
ロングサイズと同じ アロマスプレーが付属でついており、温めた後にスプレーすることで癒される香りに。

【名前の意味】
ベルギーの製品のため聞きなれないネーミングですが、名前は商品の特徴を表したものです。
※CERVICO セルヴィコ:ネック、首部
※LUMBO ランボ:腰部
※PICOLO ピッコロ:小さい

管理人が使っているのは、スモールサイズとロングサイズ。ロングサイズは、スモールサイズの2倍強あります。目にのせてアイピローとして使うならスモールサイズが最適。

ロングサイズは肩にのせたり、パソコンに向かいながらお腹にのせたり。大きめサイズの方が、冷めにくいのでよく使います。寒い冬は、寝る時に冷えた足元を温めるためにお布団の中で湯たんぽとして使うこともあります。

お布団の中で使うと冷めにくいので、お布団の中まで暖かくなり心地よいです。チェリーピローを使い始めてから、足が冷えて寝付けないということがほとんどなくなりました。

AD

 

チェリーピローの使い心地の感想

スモールサイズとロングサイズの2つのチェリーピローを使っている管理人が、チェリーピローの使い心地についてまとめました。

まずは、チェリーストーンピローの香りについて

◇チェリーピローの香りについて

チェリーストーンピローを温めた時にチェリーの香りが気になる、中にはチェリーストーンピローが臭いという人もいて、反対にそのニオイがいいというレビューもありました。

使う前には、チェリーストーンピローが臭いと聞けばちょっと心配でしたが、実際に一番初めに温めて使った時の感想は ”嫌な匂いではない” と感じました。

ただ、 チェリーの種を温めた香りは少し独特。はじめて電子レンジで温めた時には多少気になりました。ぁあなるほどね!臭いっていう人もいるかもなって。でも、使っていくうちに心地よいと感じる香りになっていきました。ウッド系に少し甘さを足した感じの香りで、今は好きな香りです。

主人にも温めたチェリーストーンピロを渡すことがありますが、臭いという感想はありませんでした。臭い?と聞いてみたこともありますが、香りはするけど別に臭くはないよ?という感じです。

チェリーストーンピローの香りは、温めた直後が強いですが、その香りが持続するわけではありません。ただ、無臭が良い人には向かないと思います。

AD

 

◇チェリーピローの温め時間と温かさの持続時間

電子レンジでの温め時間は1〜2分です。一度チェリーピローを温めると20〜30分程度は持続します。再加熱までに4時間もの間隔が必要なあずきのチカラと異なり、チェリーピローは冷めたらまたすぐに温めることができます。

何気ない点ですが、チェリーピローは1日の使用回数や時間の間隔制限などはなく冷めたら温め直すということができます。寒い冬なんて1日に何度も温めなおして使っています。

◇チェリーピローのサイズ選び

冬場は、ロングサイズとスモールサイズの両方のチェリーピローを温めることが多いです。冬場に限っては、ジャンボサイズなどがあるといいなぁと思います。

ケルセピットのチェリーストーンピロー【ロングサイズ】

ケルセピットのチェリーストーンピロー・ロングサイズ

夫がいる時間では、ロングサイズとスモールサイズの両方を温めた時は主人にロングピローを渡してしまうので冬場にはもう一つ大きめのチェリーピローが欲しいくらいです。

夏になると、アイピローサイズのスモールピローの出番がぐっと多くなります。チェリーの種の重さが目の疲れを取るのに、重すぎず・軽すぎず丁度良い重さです。

◇チェリーピローの耐久性

ケルセピットのチェリーストーンピローの耐久性はかなり高いと思います。コットン100%の布の肌触りも変わりません。一度購入してから、ロングサイズは4年間使いました。ショートサイズは、5年目に突入です。

ケルセピットのチェリーストーンピローのロングサイズを4年間使った結果、電子レンジで高熱になってしまうアクシデントがありましたが、コストパフォーマンスとしては十分でしょう。ただ、実際に使い続けるとチェリーの劣化や高熱によって、アクシデントがあるのでもし焦げ臭いと少しでも思ったらすぐに加熱を中止してください。

ケルセピットのチェリーストーンピローのロングサイズに火花が散った記事:チェリーストーンピローが焦げて、煙が、火花が・・・

妊娠したい人へのおすすめグッズとして

ケルセピットのチェリーストーンピロー

以前雑誌のSaita4月号でチェリーピローが掲載されているのを目にしました。『ママになるための体づくり活動』の特集ページです。

チェリーストーンピロー 商品レビュー

チェリーストーンピロー

600件越えのレビューがあります

 


この記事を読んだ人に読まれています