カフェインを少なくしたいからと、アメリカンコーヒーを注文するのは間違いでした。

カフェインを減らそうと思いながらもコーヒーを飲みたいとき、アメリカンコーヒーを頼むときがあります。

通常のブレンドコーヒーよりアメリカンコーヒーの方が味が薄いので、カフェインが少ないと思っていたからです。

間違っていました。

アメリカンコーヒーの方が通常のブレンドコーヒーよりもカフェインが多い

 

焙煎が浅い豆を使うのがアメリカン。

して、焙煎が浅い方がカフェインが残っているということの様です。
色が薄いからカフェインが薄いなんて単純なことではないんですね。

 

 

 


この記事を読んだ人に読まれています